対馬の仏像盗んだ韓国人グループ 愛国者どころか全員前科10犯以上の大悪党

印刷

   長崎県対馬の寺社から重要文化財の仏像を盗んだ韓国人グループは、驚くべき窃盗団だった――。韓国の主要紙、朝鮮日報が綿密な取材でその犯人像に迫った。

   全員が10回以上も刑に服した経歴をもち、うちひとりは「前科18犯」という札付き。対馬での犯行計画も練りに練られていたという。都合よく「愛国心」を掲げて自己弁護するが、どうやら単なる悪党の犯罪に過ぎないようだ。

「1年以上の懲役」で日本入国できないはずだが…

   対馬を舞台にした仏像盗難事件は、韓国警察が現地で容疑者を逮捕したものの、今も完全解決したとは言いがたい。対馬の観音寺から「観世音菩薩坐像」が、海神神社から「銅造如来立像」が持ち去られたまま、いまだに韓国内にとめ置かれているのだ。韓国にある「浮石寺」が、「仏像は過去に日本が略奪したもの」と主張し、韓国の地方裁判所も「仏像が正当な手続きを踏んだうえで日本に渡ったかを確認するまで、返還してはならない」との仮処分決定を下している。その後、浮石寺の僧が突然、対馬の観音寺を訪問するが住職と会えないまま帰国するなど、ギクシャクした関係が続いている。

   韓国側が返却しないのは「もともと自分たちが所有していた仏像」との主張からだ。盗んだ張本人たちも「愛国心」をたてに、自分たちの行為を正当化する証言をしているという。2013年4月9日付の朝鮮日報電子版(日本語)では、これまであまり語られていなかった犯人像を詳しく描いている。

   窃盗にかかわったとして摘発されたのは9人で、うち4人が実行犯。主犯と見られる男性が70歳、最年少でも50歳の「高齢者軍団」だ。4人とも人生の大半を犯罪に費やしてきたのか、全員が前科10犯を超え、何度も刑務所に入りながらも改心せずに盗みと服役を繰り返した。主犯格男性の弟もグループのひとりで、文化財荒らしが「専門」だという。

   4人とも犯罪歴は常軌を逸しているが、日本入国の際に問題にならなかったのか。出入国管理及び難民認定法を見ると、第5条1項4号で「1年以上の懲役若しくは禁錮又はこれらに相当する刑に処せられたことのある者」は上陸できないとなっている。前科10犯以上なら入国拒否されそうに思えるが、巧みにすり抜けていたのだろうか。4人が仲間に引き入れた盗品の「買い取り屋」が韓国の暴力団組織の顧問で、日本にすんなり入国できるようなあくどい手段に精通していたのかもしれない。

「裁判で国民に直接訴えたい」との要請は却下

   対馬行きは計画的犯行だった。2012年8月、9月と2回現地入りして入念に下見し、10月に決行している。朝鮮日報の記事によると、対馬をねらったのは「現地の文化財管理が緩い」ためだったという。文化財の仏像2体をまんまと盗み出せたのも、これらを保管していた寺社が通常は無人であるのを「事前調査」で知ったのだろう。

   窃盗団のひとりは、盗品を持ってわざわざ福岡まで移動した後に韓国・釜山に持ち込んだ。遠回りだが、「福岡港にはエックス線検査がないので、楽だった」と証言。過去10年間で日本に200回以上もの渡航歴があり、釜山港職員とは顔なじみだったという。結果的には、密輸ではなく正規ルートで仏像を韓国内に持ち込んだことから足がつき、「お縄」となったというわけだ。

   逮捕後、容疑者たちは警察に「日本が奪ったものを探し出したのに、何か間違っているのか」と苦し紛れの言い訳をしているという。だが捜査関係者は、唐突な「愛国心」を「はっきり言って詭弁(きべん)」と切り捨てる。盗みという行為自体が許されず、仮に愛国心が理由ならなぜ仏像を文化財の監督官庁に渡さずに自分たちで隠し持っていたのか、と指摘する。

   韓国・聯合ニュース電子版は4月10日、窃盗団に対する公判の様子を報じた。被告たちは当初「国民に直接訴えたい」として、韓国版の陪審員制度である「国民参与裁判」を求めたというが、この日の裁判で申請が却下されたという。次回公判は5月1日に開かれる。国民の関心が高く、テレビカメラが撮影を許可される異例の裁判になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中