嶋大輔、芸能界引退を発表 「政治家になって法律を作りたい」

印刷

   元タレント・俳優の嶋大輔さん(48)が2013年4月25日、会見を開き、32年間活動してきた芸能界からの引退を発表した。

   引退の理由について、「2児の父親ということで成長を見守ってきたが、今のままでいいのか?という気持ちが3年前から沸々とわいていた。決定的になったのは2年前の震災で、志が同じ周りの人たちと『何かを変えて行こう』という気持ちになった」と話した。

   噂されていた政治家への転身については「自分が表に立ってできることが政治の活動ではないかと思い、志すようになった」「政治家になったら法律を作ることができる。僕が掲げるいじめ撲滅、教育環境改善ができるのでは」と語ったが、13年夏の参院選出馬に関しては「今は全く白紙。時期が来れば立候補したい」とした。

   当面は自身の考えをFacebookなどで発信していく活動に従事するという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中