元極楽とんぼ山本が「失業」、寺に入り「みそぎ」? 岡村隆史も元相方の加藤も復帰を待望しているが

印刷

   ナインティナインの岡村隆史さん(42)が、淫行騒動を起こして芸能活動休止中の元お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(44)について、元相方の加藤浩次さん(44)と共に芸能界復帰を願う発言をした。

   これまでも山本さんの復帰待望論は度々噴出、芸人仲間やファンらは「もう許していいだろう」「あのネタをもう一度」といった声を上げている。しかし「見たくない」との声も根強く、復帰はそう簡単ではない。

肉巻きおにぎり販売の仕事を辞めていた

   岡村さんと加藤さんが山本さんに言及したのは、2013年4月28日に配信されたインターネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!-めちゃユル-」でのことだ。

   加藤さんは13年上半期の重大ニュース2位に「ブーさん(山本さん)がやってた肉巻きおにぎり閉店」、1位に「ブーさんがお寺に入ると言っているらしい」を挙げた。

   山本さんは活動休止後、肉巻きおにぎり販売店「肉だわら」で販売スタッフ・広報として働いていると報じられてきたが、この仕事がなくなってしまったというのだ。

   加藤さんは山本さんについて「地方の物産展などでおにぎりを販売した時、罵声を浴びせられることもあったらしい。そういう噂を聞くと何とかしてやりたいと思うけど、結局無職になってしまった」と明かした。ちなみにこの件については、「肉だわら」を運営するヘラクレスジャパンによると、山本さんが勤務していた店を閉店はしていないが、山本さんの雇用契約は13年3月で満了しており、すでに同社で働いていないことは事実という。

   仕事がなくなった山本さんが「もうお寺に入る」というようなことを言っていると人づてに聞いたという加藤さんは、「いいと思う。ドーンとお寺入って、1年なら1年って期限決めて『僕やりました、反省しました』って見せるのは大きい」と話した。岡村さんも「いいんじゃないはげかけてるし。瀬戸内寂聴みたい(面白い僧侶の意か)になってめちゃイケ(山本さんも出演していためちゃ×2イケてるッ!)に帰ってくればいいんじゃないの」と冗談を交えつつ、「こんだけやって、こうなりましたと自信持って世の中にポンと出てこれるようになればいいんじゃないの」と語った。

   加藤さんは「(活動休止から)7年経過して、ここから1年、ブーさんが本気でお寺に入ったら、これ、みそぎになるでしょう?」、岡村さんも「ホンマにお寺入って、ツルンと復帰できへんかな」と話し、2人とも寺に入ることを復帰への足がかりにしてほしい、という口ぶりだった。

「身内で復帰盛り上げるな」「反省して終わる問題じゃない」厳しい声も

   番組をツイッターで実況していた人々は、山本さんの話題が出た途端「山さーーーん!!!!」「ブーさんネタきたあああああ」などと盛り上がり、「もう山さん許してくれるよ みんな」「お寺修行に密着して、それを見せつつ復帰なら流れとしては有りかも」「めちゃユルでやってくれたらいいじゃない」と、やはり復帰を待ち望む声が多く上がった。また、「2人がここまで山本さんについて熱く語っているのは初めて聞いた」という驚きの声もあった。

   芸人時代親しくしており、度々山本さんの復帰を願う発言をしているロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも、「めちゃユル」視聴者に煽られる形で、ツイッターで「なんとかならんか?山さん!」「俺はいつでもどこでも山さんを待ってます♪」「山さんの芸能界への思いが消えてないなら全力で応援したい♪」とラブコールを寄せている。

   一方、山本さんが起こした問題が問題だけに、厳しい声も根強い。「視聴者は、待ってませんよ♪身内で復帰盛り上げるな♪」「薬物犯罪者も簡単に戻ってくるけど、芸能界甘いよ」「そーゆーことって、治るもんじゃないからね。反省して終りって問題じゃないと思う」といった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中