日仏首脳が共同会見 原発輸出促進で協力

印刷
日仏首脳に質問する日本側記者(右)
日仏首脳に質問する日本側記者(右)

   安倍晋三首相とフランスのオランド大統領は2013年6月7日、首相官邸で会談し、原発輸出を柱とした原子力分野での包括的な協力関係を結ぶことで合意し、共同声明を発表した。

   安倍首相は、

「世界の安全水準をいっそう高めていくという観点から、日本の原子力技術への期待に応えていく。その意味で日仏は世界最高のパートナーだと確信している」

と述べた。日仏の原子力産業では、三菱重工業・アレバ連合がトルコでの加圧水型軽水炉「アトメア1」受注を事実上決めている。ヨルダンなどの新興国を念頭に、両国政府としても輸出を後押しする。

   会見では、安全保障と経済の分野でも連携を深めることを強調。特に安全保障分野では、外務・防衛担当閣僚級協議(2プラス2)の早期開催を目指す。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中