「あまちゃん人気」止まらない イラスト、まとめ…「ネット応援団」が盛り上げる

印刷

   NHKの朝ドラ「あまちゃん」は、なぜこうも人気なのか。「クドカン」こと宮藤官九郎さん(42)の脚本、あるいはヒロイン・能年玲奈さん(19)の魅力――識者もさまざまに分析するが、注目したいのはネットを通じた「視聴者」の活発な動きだ。

   連日の「実況」はもちろんのこと、作品を題材にしたイラスト、また見所などを紹介する「NAVERまとめ」などが、有志により続々と投稿されている。いわば「ネット応援団」ともいえる視聴者自らが、「あまちゃん」現象の拡散に一役買っている格好だ。

ツイッターでの「話題度」で5月は4位に

「あまちゃん」公式ウェブサイト。快進撃が続く
「あまちゃん」公式ウェブサイト。快進撃が続く

   2013年6月13日放送の「あまちゃん」では、主人公たちが「海女~ソニック」と名付けたステージに望む様子が描かれた。歌あり、ギャグあり、そしてシリアスな「引き」ありと盛りだくさんの内容で、視聴率も過去トップクラスの22.1%を記録した。ツイッターでも、

「『あたためておいた』ってエンターテナー花巻さん最高!」
「潮騒のメモリーの合いの手やばいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「おお!オタ芸もちゃんとあるじゃん。またまたやるな、NHK」
「アキもそこそこコールは我が家全員『そこそことはなんだ!』と怒りの声!特に息子(小2)(笑)」
「じぇじぇじぇじぇじぇー!」
「春子さんこぇーー!(;o;)どうなる明日!」

と、他の日の倍近い実況ツイートが飛び交った。

   宮藤さんの初「朝ドラ」ということで、放送開始直後から評判だった「あまちゃん」だが、ネットの盛り上がりは、放送が進むごとにむしろ加速している。NECビッグローブの調べでは、発言のテーマを示すハッシュタグの投稿数で、「あまちゃん」は4月の11位から、5月には4位にまで順位を伸ばした。

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中