「あまちゃん人気」止まらない イラスト、まとめ…「ネット応援団」が盛り上げる

2013/6/18 18:57

   NHKの朝ドラ「あまちゃん」は、なぜこうも人気なのか。「クドカン」こと宮藤官九郎さん(42)の脚本、あるいはヒロイン・能年玲奈さん(19)の魅力――識者もさまざまに分析するが、注目したいのはネットを通じた「視聴者」の活発な動きだ。

   連日の「実況」はもちろんのこと、作品を題材にしたイラスト、また見所などを紹介する「NAVERまとめ」などが、有志により続々と投稿されている。いわば「ネット応援団」ともいえる視聴者自らが、「あまちゃん」現象の拡散に一役買っている格好だ。

ツイッターでの「話題度」で5月は4位に

「あまちゃん」公式ウェブサイト。快進撃が続く
「あまちゃん」公式ウェブサイト。快進撃が続く

   2013年6月13日放送の「あまちゃん」では、主人公たちが「海女~ソニック」と名付けたステージに望む様子が描かれた。歌あり、ギャグあり、そしてシリアスな「引き」ありと盛りだくさんの内容で、視聴率も過去トップクラスの22.1%を記録した。ツイッターでも、

「『あたためておいた』ってエンターテナー花巻さん最高!」
「潮騒のメモリーの合いの手やばいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「おお!オタ芸もちゃんとあるじゃん。またまたやるな、NHK」
「アキもそこそこコールは我が家全員『そこそことはなんだ!』と怒りの声!特に息子(小2)(笑)」
「じぇじぇじぇじぇじぇー!」
「春子さんこぇーー!(;o;)どうなる明日!」

と、他の日の倍近い実況ツイートが飛び交った。

   宮藤さんの初「朝ドラ」ということで、放送開始直後から評判だった「あまちゃん」だが、ネットの盛り上がりは、放送が進むごとにむしろ加速している。NECビッグローブの調べでは、発言のテーマを示すハッシュタグの投稿数で、「あまちゃん」は4月の11位から、5月には4位にまで順位を伸ばした。

(続く)

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

想像してみて下さい、景色の良いゴルフコースで、自分と息子と孫で楽しんでいる姿を・・・

不思議なことに出会うと誰もが一瞬「なぜ?」「どうして?」と興味を抱きます。

ピックアップ'

ミニッツで読もう『がんばれアリストデモス』

古代・スパルタ教育本家に生まれ育ったアリストデモス。彼のがんばり人生を応援してほしい!

ミニッツシンキング

アルフレッド・バニスターのモード靴なども大幅プライスダウン。

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ