怪奇!ストリートビューに「ハト人間」出現 日本のネットメディアの仕業だった

印刷

   日本のある場所をグーグルのストリートビューで見ると、不気味なハト人間が写りこんでいる――と、国内外のネットで話題になっている。

「×(ウィンドウを閉じる)ボタン押そうとしちゃった・・・」
「ホラー映画見てるのかと思った」

「いいか、絶対振り返るなよ!!」

振り向いてもハト人間(グーグルストリートビューより)(C)Google
振り向いてもハト人間(グーグルストリートビューより)(C)Google

   アメリカのブックマークサイト「reddit」に貼られたリンクをたどると、玉川上水の緑道(東京・三鷹市)のストリートビューに飛ぶ。一見すると人々が散歩しているだけの画面だが、さらに進むと、頭部がハトで首から下が人間の身体を持ったキメラのような「ハト人間」7人(?)が白昼堂々、道の両脇に並びこちらに顔を向けてくる――ということがネットで拡散、話題になっている。服装はそれぞれバラバラで、つなぎだったり、カメラを提げていたり、女性らしきスカート姿も見られる。なんにせよ、ぎょっとする光景だ。

   しかも、さらに先に進んで振り返ると、ハト人間らもこちらに向き直って凝視してくる。かなり不気味だ。「reddit」でも、「いいか、絶対振り返るなよ!!」「早く言ってよ…見ちゃった…」「何これヤバイ」とおびえる人が続出した。

   ただ、よく見るとこのハト、首と身体の間に境目があり、どうやら被り物らしい。この「ハト人間」らは、正体を自らばらしていた。

   「けっこう前のことになりますが、ライターで集まっているときにストリートビューの撮影に遭遇しました」――2013年6月20日、日本のネットメディア「デイリーポータルZ」のブログ上で、ウェブマスター・林雄司さんがこう明かした。記事についている写真には、「ハト人間」と同じ服装の人々が映っており、極め付けに、ハトの頭部を持っている姿も確認できる。

   一体どうしてハト頭を被ったのかについては、

「常々ストリートビューにうつりたいと思ってたので、ひと工夫して顔がぼかされないようにしました」
「顔はぼかされてないですが、誰が誰だかは分かりません」

と胸を張った。要するに、ライターらがハト頭の被り物をもって集まっている時にグーグルストリートビューの撮影カメラが「偶然」通りがかったので、面白おかしく映りこんだ、ということらしい。

「グーグルのゲリラマーケティングの一環」?

   ストリートビューは、カメラを載せた車や自転車、人間などが日夜世界中を走り回って撮影した映像を使用しているが、しばしば妙なものが映りこんでいるのが発見され、ネットで話題になる。

   日本のネットでは「こういうので写りこみたい~^^」「偶然だったのww」「よく訓練されているww」「数日前に見た時にデイリーポータルじゃないかなと思ったらやっぱりデイリーポータルだった」と、同サイトを羨ましがったり褒めたりで大盛り上がりだ。

   ただ、「reddit」からは「どうやってグーグルのカメラが来るのを知ったんだろうか?こいつら毎日こんなのつけて歩いてるの?うーん・・・変な奴ら!」と疑問の声も。

   これに対する反応として、

「グーグルのカメラ見つけた奴が仲間を呼んだんじゃね?『ハト持って来いよ!!』とか言って。あるいは、日本のことだからね。すでに着た上でうろうろしてた可能性もあるけどね」
「多分、メンバーの知り合いにグーグルで働いている人がいたか、グーグルのゲリラマーケティングの一環か・・・あるいは、イースター・エッグ(編注:プログラマーの遊びでソフトウェアなどに仕込まれている隠しメッセージ)の一種?」

といった憶測も飛び交っている。

   なぜストリートビューが来ることを事前に知ったのか、今のところはっきりとはしていない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中