3歳女児餓死で当時14歳の姉を書類送検

印刷

   群馬県大泉町のアパートで2013年2月、3歳女児が餓死しているのが見つかった事件で、県警は7月2日、当時中学2年生だった女児の姉(15)を保護責任者遺棄致死容疑で前橋地検に書類送検した。適切な保護の手段を講じず、餓死させた疑い。県警は、女児らの置かれた環境などを踏まえ、処分を検察の判断に委ねる趣旨の意見を付けた。

   姉妹の母親で、保護責任者遺棄致死罪で起訴されたフィリピン国籍の無職ワシザワ・マリレン・マルセロ被告(37)は2月にフィリピンに帰国。この際、姉は現金約1万円を預かったが、自分の食事やCDの購入などに使っていたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中