男性週刊誌の「特集」が超すごいことに… 毎号「年寄りフリーセックス」を煽る

印刷

   とにかく週刊誌が凄いことになっている。少し前なら「エロじじい」と嘲笑されかねないようなことを、毎週、毎週、煽りまくっているのだ。「生涯現役死ぬほどセックス」「燃え尽きるまでSEX」とけしかけ、お相手の誘い方、ベッドテクニックから精力剤、ED対策まで、いかに過激に露骨に微に入り細を穿つて見せるかを競っている。

   どうやら「あちらの方もまだまだ元気いっぱい」という層を標的に、「高齢セックスもの」はなかなか人気だ。週刊誌が仕掛ける年寄りフリーセックス時代は爆発寸前の様相である。

火をつけたのは「週刊現代」、「ポスト」「文春」も

週刊誌が仕掛ける高齢者セックス特集
週刊誌が仕掛ける高齢者セックス特集

   高齢者セックス記事に火をつけたのは「週刊現代」だった。当初は「熟年セックス講座 50歳から妻とやり直す その方法」と、熟年サラリーマン向けのありがちな企画だったのだけれど、「60歳から本番です 死ぬまでセックス」とやって一気に10歳も年齢が引き上がった。これが話題となって、「週刊ポスト」が「60歳まだまだ『現役』です HOW TO死ぬほどSEX」と追いかけると、週刊現代は「60歳を過ぎたら遠慮はいらない あのすばらしいセックスをもう一度」と迎え撃ち、週刊ポストも「60歳超えた恋は不倫じゃない」と、セックスも「定年延長」となり、相手も妻以外に広げた。

   こうなると、もう止まらない。「さあ、あなたも『死ぬまでセックス!』実はみんなやっている 大研究 80歳でもセックス―生涯現役の進め」(週刊現代)、「燃え尽きるまでSEX 80歳まで生涯現役 死ぬまで『激(たぎ)りっ放し』宣言」(週刊ポスト)と、ついには80歳になってもセックスに励め、棺おけに片足突っ込んでもまだ頑張れと、年齢引き上げ競争に突入した。

   初めは冷ややかに見ていた「週刊文春」もとうとう参入し、「60歳からのセックス『する人』『しない人』ここが違う!(1)夫婦編」「60歳からのセックス『する人』はこうして相手を見つけている!(2)出会編」と、こちらは女性読者を意識したレポートもので「中高年セックス」を取り上げる。こうした記事を今度は「週刊新潮」が「色情狂時代」とまぜっかえすといった具合だ。

   いまや高齢セックスは男性週刊誌の定番ネタのひとつというわけだが、じつは週刊誌はむしろあと追いで、高齢セックスの実態はもっと先をいっているらしいのだ。

高齢者向けの出会い系サイトも盛況

   2013年6月末、風俗店の経営者が売春防止法違反で逮捕された。売春していた女性の最高齢が73歳というのも驚くが、摘発のきっかけとなった男性客が82歳だったことは、「高齢セックス」が広がっていることを物語っていた。

   高齢者向けの出会い系サイトも盛況という。意気投合してデートというのは当たり前で、会ってその日にセックスということも多い。ネットのやりとりのときに、どういうお付き合いを希望するかという「すり合わせ」が終わっているからだ。

「実際にいくつぐらいのサイトがあるのか分かりませんが、需要が拡大していることは間違いありません。悪質なものや詐欺も少なくありませんから、『優良サイトの見分け方』『優良サイトランキング』なんていうのも登場しています。
   高齢者の出会い系サイトが増えたのは、スマホが中高年に広がっているからじゃないでしょうかね。あれなら、周りに気づかれる心配がありません」(ネット評論家・井上トシユキ氏)

   面白いのは、SNSの拡大で出会いは容易になったのだけれど、いまさらどうやってセックスまでもっていけばいいのか、どういう具合にコトをいたしたらいいのかが分からないという声が多いことだ。若いころのように性急に迫るわけにはいかない。週刊誌の一連の高齢セックス記事はここを狙ったものだった。

「65歳以上は若いころに『平凡パンチ』『週刊プレイボーイ』なんかでセックスを知っていった世代なんですよね。だったら、その世代にその年なりのハウ・ツー・セックスを特集したら読まれるんじゃないかと考えたわけです。まあ、狙いは当たりました」(週刊誌担当デスク)

高齢者のフリーセックスには下地があった?

   パンチ、プレイボーイが1960年代にしきりに取り上げていたのが、北欧スウェーデンやアメリカのヒッピーたちのフリーセックスだった。高齢者のフリーセックスには下地があったのだ。

   では、「セックスを自由に楽しむ高齢者の群れ」はこのまま増え続けるのか。性文化人類学者のキム・ミョンガン氏はこう話す。

「リタイアしてこれまでやり残したことは何だろうと考えたとき、高度経済成長を支えた世代、団塊世代は、仕事は会社人間といわれるほどやったし、マイホームも建てて家族も一応は養った。では、恋愛はどうか。ここで二極化するんです。若いころに恋愛経験豊富でセックスを楽しんだ人は『もう、いいよ』となるのですが、『そこだけはもの足りない人生だった』という人が、男女とも少なくないんです。
   まだ体力もあるし余命も長い。気持ちが若ければ気力は異性に向くんです」

   高齢化問題を担当する自治体幹部は「若年性老人と呼んでいるのですが、元気な高齢者は本当に多いですね。75歳以下でヨボヨボは1割以下ですよ」

   エロスと煩悩はやはり死ぬまでついて回るのか。こうした高齢者はこれからいよいよ増えそうだ。

「団塊世代が70代、80代になっていきますからね。彼らこそフリーセックスの草分けですから、高齢者のフリーセックス時代はこれから本格化しますよ」(キム・ミョンガン氏=前出)

   いずれ、「老人パンチ」「プレイオールド」なんて週刊誌が登場するかも。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中