ゆるキャラ戦国時代次に制するのは 女子に大人気「オカザえもん」なの

印刷

   ひこにゃん、せんとくん、くまモン――ゆるキャラ「人気No.1」の地位は、これまで何度も入れ替わってきた。ゆるキャラ戦国時代、「ポストくまモン」をうかがう次世代のエースはいるのか。

   バリィさん? ふなっしー? 各地の強豪が名乗りを上げる中、注目を集めているのが愛知県岡崎市の「オカザえもん」だ。キモかわいい……をちょっと通り越したデザインが大受け。全国区でのブレークも目前だ。

年齢は41歳、妻に逃げられ4歳の息子を育てる

8月7日、東京・原宿で撮影会に登場したオカザえもん。手前の少女も熱心に写真を撮影していた
8月7日、東京・原宿で撮影会に登場したオカザえもん。手前の少女も熱心に写真を撮影していた
「あっ、オカザえもんだよ!」
「わー、気持ちわるーい(笑)」

   2013年8月7日、炎天下の東京・原宿に、若い女性たちの声が飛び交った。人だかりの中で手を振っていたのは、岡崎市からはるばるやってきた「オカザえもん」だ。この日はオカザえもんの「撮影会」で、会場のキャラクターショップ前にはたちまち数十人が集まり、カメラを向ける。

   とはいえ、通行人たちからの反応からうかがえるとおり、なんともその出で立ちは一風変わったものだ。

   ゆるキャラといえば、今大人気のくまモンのように、思わず抱きつきたくなるような丸みを帯びたシルエット、それにかわいらしい顔立ちが一般的だ。ところがこのオカザえもん、体つきは普通の成人男性並み、顔もやけに中央に寄ったぎょろ目で、胸には大きく「崎」の文字が。体型の違いなどもあり、特にほかのキャラたちと並ぶと、異様なほどの存在感を発揮する。

   しかも「設定」によれば年齢は41歳、4歳の息子を育てるバツイチの男やもめだ。好物は地元の名物「岡崎まぜめん」などで、ジャズ音楽や現代美術鑑賞を趣味とする渋い一面も。いずれにせよ、およそ「ゆるキャラ」らしくない。

ブレーク中「ふなっしー」に次ぐ2位

イベントの合間にふと見せた表情。41歳バツイチの哀愁を感じさせる
イベントの合間にふと見せた表情。41歳バツイチの哀愁を感じさせる

   元々は2012年11月、アーティストの斉と公平太さんが、市の美術展に出品したことが始まりだった。「最初は『気持ち悪い』変なキャラクターとして、市民も遠巻きに観察して」(岡崎市ウェブサイト)いたというが徐々に地元で人気が高まり、13年4月からは晴れて市から「岡崎市アート広報大臣」に任命され、8月から開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2013」のPRを担うこととなった。

「地域でゴミ拾いに参加するなどの活動ぶりや、市のPRへの貢献もあり、地元でも好意的な声が増えています。グッズを販売しているお土産店などにも、多くの方が来てくださっているようです」(市の担当者)

   ネットでも、「キモい」とも称されるなんともいえない出で立ちが話題を呼び始め、急速に認知度が高まりつつある。8月6日に結果発表された「ご当地キャラ総選挙2013」では、千葉県船橋市の「非公認」キャラとしてブレーク中のふなっしーに続き、2位に食い込むまでになった。

子どもに怯えられてもめげない

グッズも展開中。販売する店舗では、くまモンやふなっしーに負けないくらいの注目を集めていた
グッズも展開中。販売する店舗では、くまモンやふなっしーに負けないくらいの注目を集めていた

   人気の秘密はどこにあるのだろうか。再び、東京・原宿に戻る。礼儀正しくお辞儀をしながらオカザえもんが登場すると、歓声を上げたのは多くが若い女性たちだ。中には、オカザえもんとおそろいの「崎」シャツを着た熱心なファンもいる。

   グッズの販売コーナーにも、小・中学生~20代と見られる「女子」たちの姿が目立つ。市の担当者も「小さいお子さんや若い女性に特に人気」と分析するように、その異色の出で立ちが一種の「キモかわ」として受け入れられているようだ。まじまじと見つめた後、「……めっちゃカワイイじゃん」とつぶやく人もあった。

   ただしその独特の雰囲気ゆえか、中には泣き出す赤ちゃんや、露骨に警戒して近づこうとしない子どもも。オカザえもんはちょっと戸惑いながら(表情はわからないが)、めげずに愛想を振りまいていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中