米大手新聞の衰退が始まった(上)
NSA機密情報漏えい、マスコミが主役の座追われる

印刷

   新聞を代表とするマスメディアの黄金時代は70年代だった。ワシントン・ポスト紙の二人の若手記者による執拗な取材は、現職大統領の権力悪用という違法行為の全容を解明しニクソン大統領を辞任へと追いやった。ウォーターゲート事件は権力のお目付役と自認するメディアがまさに我が意を得たりとする快挙であった。

   だが、インターネットの到来はメディアにとって不確実な時代の幕開けになる。新聞やテレビなどのマスメディアは競ってインターネットに進出したが、その着地点は見えず「ネット時代にマスメディアはどうなるか」という問いが過去20年間に繰り返し問われてきた。

   ようやくそのヒントが見えてきた。一言でいえばレーゾンデートル(存在理由)の低下、つまりマス(大衆)に向けて情報を一方的に垂れ流してきたメディアの衰退が現実になり始めた。情報の流れをコントロールしてきたマスコミが主役の座を追われ、情報源がその席に座るという従来の常識では考えられなかった事態が発生しているからだ。その典型的な例が米国家安全保障局(NSA)の派遣職員が内部告発した機密情報漏えい事件である。

英ガーディアン紙電子版が顧客通話記録をNSAに提供していると報じる

   元CIA職員で情報セキュリティーの専門家であったエドワード・スノーデン(30)は、米政府機関を顧客にするコンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトンの社員としてNSAに派遣され、今年3月から5月までハワイにあるオペレーション・センターでシステム・アドミニストレーター(管理者)として勤務していた。

   NSAが米市民の電話や電子メールなどの個人情報を極秘でモニター(監視)している事実が報道されたのは2013年6月初旬だった。英ガーディアン紙の電子版が、米携帯電話会社最大手が日常的に顧客の通話記録をNSAに提供していると報じた。翌日にはワシントン・ポストとガーディアンの両紙がプリズム(PRISM)と呼ばれるNSAの極秘プログラムの存在を特ダネで報道した。グーグルやフェイスブックなどのウェブサービスで交換される電子メール、文書、接続記録などをNSAが捜索状無しに収集しているという内容だった。スノーデンが勤務先で密かにダウンロードしたNSAの機密文書がその情報源であった。

   スノーデンの内部告発は思いつきではなく用意周到の結果といえる。内部告発をテーマにしたドキュメンタリー映画に取り組んでいた映画作家のローラ・ポイトラスに初めて接触したのが1月だったというから、NSAに派遣される以前の段階である。

「民主主義の存在を脅かすもの」になると確信

   次に、スノーデンはまったく面識のなかった元弁護士・ブロガーのガーディアン紙コラムニスト、グレン・グリーンウォルドに電子メールの暗号化ソフトをインストールしてくれないかという趣旨のメールを2月中旬に出している。だが、グリーンウォルドは送り主の身元が不詳なのでこのメールを無視。3月に旧知のポイトラスに会った際に、共にスノーデンから接触があったことを知る。その段階ではスノーデンのNSA勤務が始まっていた。

   コンサル会社に就職したのは、派遣先のNSAから機密情報を持ち出し公表することが目的であった。スノーデンは、CIA職員としてジュネーブで働いた時期(2007年から2009年)に内部告発を決意したとガーディアン紙とのインタビューで語っている。「私は益よりも害をもたらす組織の一部になってしまったことに気がついた」。

   2009年にCIAを辞めたスノーデンは、民間会社に転職しセキュリティーの専門家としてNSAに派遣される。勤務地は在日米軍基地であったという。この時にNSAの巨大な監視体制を内部から覗き、将来的に「民主主義の存在を脅かすもの」になると確信したスノーデンは、その実態を国民に知らせるとの決意を固めたと語っている。

在米ジャーナリスト 石川 幸憲

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中