地震保険加入広がる 10年連続増加

印刷

   地震や津波に備える「地震保険」への加入が伸びている。損害保険料率算出機構によると、2012年度の家庭向け火災保険の新規契約のうち、地震保険に加入する割合を示す付帯率が前年度よりも2.8ポイント高い56.5%だった。同機構が2013年8月23日に明らかにした。12年度末の保有契約件数は1500万件を突破し、この10年間で約9割増えた。

   契約件数の増加は21年連続で、5月末時点で1520万件となった。付帯率の上昇は10年連続。付帯率は全都道府県で上昇。上昇幅の最大は、福島県の6.7ポイント。2位は栃木県の5.0ポイント、3位は茨城県の4.9ポイントだった。

   宮城県の付帯率は83.5%となり、2年連続で全国で最も高かった。2位は高知の81.7%。

   家庭向けの地震保険は損保会社と政府の共同運営。地震保険は、火災保険の特約として加入する仕組みになっている。保険料や保険料の上げ幅は都道府県ごとに異なり、地震リスクの高まりを背景に、損保各社は14年7月に最大30%、全国平均で15.5%の保険料の引き上げを行うことになっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中