出版社自らカミングアウトし平謝り 読者プレゼント2年間発送されないまま

印刷

   秋田書店による読者プレゼント当選者水増しが発覚した影響か、都内の出版社が2年もの間、プレゼントの発送を放置していたことをカミングアウトし、平謝りにあやまっている。

   謝罪したのは、コミック誌やアニメ書籍などを発行する一迅社(東京都新宿区)。

9月下旬に発送開始、10月中旬発送完了

   同社がインターネットのホームページに掲載した告知によると、発行する「コミック百合姫」の2011年7月号と11月号でそれぞれ100人ずつ、同誌に「ゆるゆり」を連載する漫画家、なもりさんの直筆サイン色紙をプレゼントする企画を掲載したが、当選者への発送がいまだ実施されておらず「現在、作業を進めて」いるという。短い告知のなかで「お詫び」「申し訳ございません」を繰り返した。

   なもりさんは23日、自分のツイッターで一迅社の告知を引用してリンクを掲載。さらに読者やフォロワーに謝罪したうえ「百合姫編集部さんとお話しさせていただき、告知されているスケジュールで発送が完了できるようお願いしました。皆様もう少しお待ちください」とつづった。同編集部では「9月下旬の発送開始、10月中旬の発送完了を目指す」としている。

   百合姫の中村成太郎編集長は24日にツイッターで「なもり先生に非はございません。当編集部にて責任を持って作業させていただきます」とし、こちらでも「お詫び申し上げます」「申し訳ございません」と繰り返した。編集部によれば、編集長は「取材出張」とのことで、26日は連絡が取れなかった。

制作が思うように進められずそれが発送遅れの一因になった?

   放置期間が2年にも及んだにもかかわらず、なもりさんのツイッターのフォロワーは好意的だ。「無理はしないでください」などの激励の言葉が並んだ。

   編集部サイドでは「2年」を深刻に受け止めているようで、作業ではまず「当選された計200名様の送付先を確認させていだだくご連絡を開始いたします」と記述。アニメファンらの掲示板で指摘された「当選者の住所変更」の可能性にも対応していることを強調した。

   ネットの掲示板などでは、秋田書店の一件に触発された「カミングアウト」であることを指摘する記述も多い。さらに、他社でも同様なことが横行しているとし、プレゼント企画そのものが架空ではないかと、ある大手出版社を名指しするものもあった。

   サイン色紙プレゼントがストップしたままになった理由ははっきりしないが、なもりさんは以下のように釈明している。2011年7月号でのサイン色紙プレゼント企画の際にはツイッターで制作工程を実況中継し10枚を完成させたらしいが、23日のツイッターでは、その後の制作が思うように進められずそれが発送遅れの一因になったと、責任の一部を負っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中