任天堂の欧米向け携帯ゲーム機「2DS」 日本で発売されない理由は?

印刷

   任天堂が新型携帯ゲーム機「ニンテンドー2DS」を2013年10月12日に欧米で発売すると13年8月28日に発表したが、この「2DS」の評価がネットで芳しくない。

   現行の「3DS」より販売価格が2割ほど安く初代「DS」用や「3DS」用ソフトの両方が遊べるが、3D表現はできず、二つ折りにならないため持ち運びに不便など、新機種を出した狙いがわからない、というのだ。しかも、任天堂のゲーム機であるにもかかわらず、日本での発売予定はないという。いったいこの「2DS」の正体とは何なのか。

2DSは「ゲームボーイ」に逆戻り?

   米国任天堂は13年8月28日に新型携帯ゲーム機「ニンテンドー2DS」を超人気ソフト「ポケットモンスターX・Y」の発売日にあわせ欧米に投入すると発表した。位置づけとしては「3DS」の廉価版で、3次元表現機能を省くなどして現行の「3DS」価格より2割ほど安い129.99ドルになる。「3DS」は欧米で11年3月から発売され当初は売り上げが伸び悩んだものの、13年6月に専用ソフト「とびだせ どうぶつの森」が発売されると売り上げが急進し、この3か月間はアメリカでは最も売れたゲーム機になった。

   ただし、当初の販売がなぜ鈍ってしまったのかというマーケティングが欧米で行われ、「値段が高いからではないか」という結論が出たのだという。11年から13年にかけて超円高が続き、需要は大きいのにユーザーは手が出せないでいる、というものだった。そこで発案されたのが「2DS」の開発で、「3DS」からいくつかの機能を削り低価格化を実現して「すべての消費者、とくに若いユーザーたち」を取り込みたいと考えたのだそうだ。

   しかしこの「2DS」、ネットの評判はいいとはいえない。新しいネーミングの新機種だけにどんな楽しいことが始まるのかと期待する人が多かったせいのようだ。動画投稿サイト「ユーチューブ」には英語版のCMがアップされ、13年8月29日午後5時までに160万以上の閲覧があり、高評価が1万350に対し、低評価が1万8210になっている。コメントは2万7000ほど付いていて、値段を下げるいいアイデアだからぜひ買いたい、というものもあるのだが、

「安いからといってスケールダウンしたものを買うのはどうなんだ?」
「3DSは耀く宝石のように素晴らしい発展を遂げたが、2DSはゲームボーイに逆戻り」
「3次元表現で製作されたゲームを、2次元で遊べというのは、バカにしてんのか!」

などといった英語で書かれた批判が目立って多い。

日本のユーザーには3DS機能をフルに使い楽しんでほしい

   日本国内でも「任天堂はとち狂ってしまったのか?」といった批判が多く出ていて、それでも新機種だから欲しいという任天堂ファンもいる。それでは日本での発売はいつになるのか。任天堂広報に話を聞いてみると、今回のプロジェクトは欧米などで「本体価格が高い」とされている国限定のものであり、日本での発売は予定していないという。

   国内で「3DS」が発売されたのは11年2月でこの時の希望小売価格は2万5000円。11年8月に1万5000円に値下げした。任天堂広報によればこの1万5000円と言うのは現状では市場にマッチした価格であり、売れ行きも好調で13年1月~12月の店頭販売台数は500万台となるのは確実だという。こうした状況で廉価版の「2DS」を投入する必要はないのだそうだ。

「2DSはあくまで3DSのエントリーモデルなんです。日本では3D表現のゲーム、コンパクトに折りたためる仕様、すれちがい通信といった3DSの持つフルバージョンの機能をみなさんで楽しんでいただきたい、そう思っています」

と任天堂広報は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中