米で52年前に水爆落下 爆発寸前に

印刷

   米国で1961年1月、飛行中だった爆撃機B52から水素爆弾が落下し、大惨事になる寸前だったと英紙ガーディアンが2013年9月20日に報じた。

   場所は南部ノースカロライナ州で、B52が飛び立った直後にトラブルを起こし、水爆2発が地面に落ちたという。うち1発は4つの安全装置のうち3つが外れ、危機一髪の状況だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中