半導体装置の東京エレクトロン、世界最大手と経営統合

印刷

   半導体製造装置の国内首位で世界3位の東京エレクトロンと世界首位の米アプライドマテリアルズが、2014年後半に経営統合する。2013年9月24日、両社が発表した。ハイテク分野で日本と米国のトップ企業が、国境を越えて経営統合するのは初めて。スマートフォンの普及で進む半導体の高機能化に対応、開発にかかる大型投資で先行する。

   両社の売上高を単純に合算すると、137億ドル(約1兆3000億円)。時価総額は約290億ドルとなる見込み。米調査会社ガートナーによると、2012年の半導体製造装置の世界出荷額シェアで、東京エレクトロンとアプライドの合計は25.5%になり、世界第2位のオランダのASML(12.8%)の2倍になる。

   両社はオランダに持ち株会社を設立。持ち株会社の傘下に、両社が事業会社として入る。東京エレクトロン1株に対して持ち株会社の3.25株を、アプライド1株に対して持ち株会社1株を割り当てる。両社は上場廃止とし、持ち株会社が東京証券取引所と米ナスダック市場に上場する。

   持ち株会社の会長には東京エレクトロンの東哲郎会長兼社長が、最高経営責任者(CEO)にはアプライドのゲイリー・ディッカーソンCEOが就任する予定。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中