朝日放送にBPOが勧告 大阪市長選報道に「倫理上の重大な問題」

印刷

   朝日放送(大阪市)が大阪市長選で報じた内容について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が2013年10月1日、「放送倫理上の重大な問題があった」として、再発防止を求める勧告をしたことが分かった。

   報道によると、朝日放送は12年2月6日のニュースで、現職を応援する大阪市交通局の労組が職員に協力するよう脅していたなどと報じたが、内部告発者が資料を捏造していたことが分かった。これに対し、人権委員会は労組への裏付け取材をするべきだったと指摘している。

   朝日放送は、マスコミ取材に対し、「真摯に受け止め、今後の報道に生かす」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中