「炭酸水」ブーム、女性に急拡大 食欲増進、ダイエットにも効果がある

印刷

   水に炭酸ガスを加えた「炭酸水」に、女性たちから熱い視線が注がれている。ヨーロッパでは「ガス入りミネラルウォーター」として日常的に飲まれるが、日本ではウイスキーやリキュールを割るくらいであまり馴染みがない。

   しかし最近では、すっきりした飲み口に加え、血行促進、便秘解消などさまざまな効果も期待できるとして人気が急上昇しているのだ。

炭酸が血管を広げ「血行促進」してくれる

炭酸水人気の理由、シュワシュワおいしいだけじゃない?
炭酸水人気の理由、シュワシュワおいしいだけじゃない?

   価格も安く、コンビニやスーパーで簡単に手に入る炭酸水。その人気ぶりは、数年前からテレビや雑誌でも多数取り上げられ、2013年10月23日には「ZIP!」(日テレ系)でも紹介された。最近では好みの飲み口を選べるほど種類も増え、若い女性たちからラブコールが送られているという。

   炭酸水がここまで注目される理由は、爽快な味わいだけでなく、健康や美容面での効果にある。炭酸水を飲むと血管が拡張され、胃や腸の「ぜん動運動」が盛んになり、冷え予防、食欲増進や便秘解消につながるというのだ。一体どういうことなのか。国際医療福祉大学の前田眞治教授に仕組みを解説してもらった。

「炭酸水を飲むと、血管内に二酸化炭素が入りこむ。炭酸は本来、エネルギーやタンパク質を作った後にできる老廃物なので、体は炭酸が入ってきた場所にこれらを作るための血液が必要だと誤認し、血管を広げてもっと酸素や栄養を送り込もうとする。その結果、血管が拡張し、たくさんの血液が流れ、血行が良くなるのです」(前田教授)

   食欲増進や便秘解消のために飲む場合は少量でよく、冷たい炭酸水を100~150ml程度飲むのが適切だそうだ。逆に、たくさん飲むとダイエットにもつながる。「ダイエット目的なら、ぬるい炭酸水を500ml程度飲むといいでしょう。少量だと『ぜん動運動』が活発になるのですが、一定量を超えると胃が膨れてぜん動運動が鈍り、満腹感が得られるのです」(前田教授)。もちろん、炭酸飲料でも同様の効果が得られるが、ダイエットのために飲むならカロリーゼロのものを選ぶ必要がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中