「わいせつ」ゆるキャラ・とっとちゃん 年内活動自粛を発表

印刷

   佐賀県鳥栖市は2013年11月15日、イメージキャラクター「とっとちゃん」の着ぐるみ出演を年内自粛すると発表した。「とっとちゃん」は10月23日放送の「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)に出演し、合成音声で女性器などの「わいせつ発言」を連呼したとして問題視されていた。

   鳥栖市公式サイトに市長名で出された「お詫び」では、

「残念なことに、本年から鳥栖観光コンベンション協会にて機械音声を通じてとっとちゃんが意思を持って喋るという取組が開始されたところ、10月の全国放送ラジオ番組において、鳥栖市イメージキャラクターとして大変不適切な発言が繰り返されました」

と説明した。鳥栖観光コンベンション協会のサイトも同様に、

「当協会が番組原稿の事前確認を怠り、職員の番組への立ち合いもなく、広告代理店等に任せてしまったことが原因であります」

との会長による「お詫び」を掲載している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中