就活生に「受験料」2525円求める ドワンゴが発表

印刷

   ドワンゴは2013年12月1日、2015年新卒入社試験に受験料制度を導入すると発表した。プレエントリー後、選考にエントリーする首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の学生に対して、2525円の受験料を科す。

   就活サイトにより一人で100社を受験できる状況を背景に、同社で「本気で働きたい」と思っている人だけに受験してもらう狙い。導入に踏み切った経緯をこう説明している。

「別に世の中の就職口が100倍になっているわけではありませんし、世の中の企業の採用基準の多様性が100倍になっているわけでもありません。結果として、受かるひとはひとりで何社も何十社も獲得できて、受からないひとは100社受けても1社も受からないで心を傷つけられる」(ドワンゴ)

   地方在住者が免除される理由は「もともと地方の就活生はとても不利で、ひとりで何社も受けることが時間的にも金銭的にも難しいから」としている。

   支払いはクレジットカード決済、各キャリア決済などになる。「集めた受験料は奨学制度の基金かなにかに全額寄付をする予定」という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中