アメリカ「最も重要なパートナー」は日本より中国

印刷

   アメリカ人は日本をどう見ているか、そんな米国内での世論調査結果を外務省が2013年12月19日に発表した。それによると日本を「アジアで最も重要なパートナー」と考えている人が全体の35%で2位。1位は39%で中国だった。09年までは日本がトップだったが10年に中国と同率になり11年に抜かれた。12年は再び日本がトップになったが再び抜かれてしまった。

   対日信頼度については一般の部で76%,有識者の部で93%が「と信頼できる」という高い数値になり、日米協力関係を「極めて良好」ないし「良好」と回答したのは一般の部で58%,有識者の部では86%だった。日本のイメージは(複数回答、「一般の部」のみ実施)「豊かな伝統と文化を持つ国」(97%),「経済力・技術力の高い国」(92%),「自然の美しい国」(90%),「アニメ,ファッション、料理など新しい文化を発信する国」(82%)が上位を占めた。日本文化については、「日本食」(73%)、「相撲、武道(空手、柔道、剣道他)」(53%)、「生け花」(52%)、「盆栽」(49%)が上位を占めた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中