異例大雪とソチ「雪不足」は松岡修造のせい!? 「熱い男が五輪取材に行った途端に大寒波」と話題

印刷

   日本各地での大雪と、五輪会場であるロシア・ソチの「雪不足」問題の原因は、元プロテニス選手・松岡修造さんが日本を離れ、ソチへ行ったことではないか――そんな笑い話が、ネット上で拡散中だ。松岡さんといえば、その熱血指導ぶりから「熱い男」のイメージが定着している。

   ソチ五輪が開幕を迎えた2014年2月8日、日本では太平洋側を中心に異例の雪となり、東京23区でも実に13年ぶりとなる大雪警報が発令された。気象庁は「不要な外出は控えるように」と呼びかけを行い、交通機関にも大きな影響が出るなど、近年まれに見る騒ぎとなっている。

ソチは最高気温10度以上の暖かさ

   一方、ソチでは逆に「雪不足」が指摘され、関係者の頭を悩ませているという。米ニューヨーク・タイムズなど海外の大手メディアはこぞってこの問題を指摘、英デイリーメールに至っては「no snow(雪なし)」の「クレイジーな」五輪と酷評する。

   それでも、14年に入ってからはある程度雪も降り、人工雪の散布もあってなんとか体裁を整えたのだが、五輪期間の前半は平均気温を上回る最高気温10度以上の日が続くと予想されている。競技にも影響が出かねないだけに、これ以上の気温上昇は死活問題だ。

   日本の大雪とソチの雪不足、一見なんの関係もないこの2つの問題だが、実はともに、テレビ朝日の五輪番組キャスターとしてソチ滞在中の松岡修造さんによって引き起こされたものである――ツイッターなどでは8日、そんな話題が盛り上がった。

   元プロテニス選手の松岡さんは、現在は指導者として、またタレント・スポーツキャスターとして活躍している。時に「熱すぎる」と言われるほどの熱血ぶりが有名だ。

   ネット上では以前からその「熱さ」をネタにして、「松岡修造のいる場所は気温が上昇する」というジョークが出回っていた。

2010年バンクーバー五輪、13年猛暑にも…

   たとえば2013年7月、松岡さんはゴルフの全英オープン取材のためイギリスに向かっていたのだが、この間日本ではやや涼しい日が続いた。一方松岡さんが向かったイギリスではこの夏、珍しい熱波に見舞われ、学校に半ズボン着用を禁止された男子生徒がスカートで登校するなど、「暑さ」が原因の珍事件が相次ぐ。「なんかここんところ涼しいなって思ったら、修造がイギリスにいたのか」とは、当時のある人のつぶやきだ。

   そして松岡さんが帰国したのちの8月には、日本は各地で40度超えが記録される猛暑に。そんな中、特に暑さが目立った群馬県を松岡さんがたまたま訪問したところ、その姿を目撃したツイッターユーザーが「これが暑さの原因か!」などと投稿、「記録的猛暑は松岡修造氏のせい!?」などとニュースサイトでも報じられる話題となった。

   また前回2010年のバンクーバー五輪でも、松岡さんはキャスターとして現地入りしていたのだが、同大会では会期前半に気温が暖かくなり過ぎ、雪のコンディション低下などが問題に。当時のYahoo!知恵袋には、

「バンクーバーの気温が上がってるのは松岡修造が現地にいってるからなのでしょうか?????」

という質問が投稿されていたことが確認できる。

   もちろんこれら「伝説」の多くは偶然、こじつけに過ぎないのだが、こうした話が広まっていたところへのこの大雪、そしてソチの雪不足だ。松岡さんが出国した結果、日本が寒波に見舞われ、逆に松岡さんが入国したことでソチは暑くなった――という理屈には少なからぬ人がつい納得してしまうようで、ツイッターでは「伝説」を紹介した複数のつぶやきが1万回以上リツイートされている。

「松岡修造がソチ行った途端これだもんな… どうなる日本」
「もう雪とか嫌だから早く松岡修造帰って来いよ」

と、松岡さんの帰りを待つ人も少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中