「EUはくそったれ」米国高官らが会話 ユーチューブで公開、独首相が激怒

印刷

   米国のヌーランド国務次官補(欧州・ユーラシア担当)とパイアット駐ウクライナ米大使がウクライナ情勢をめぐる欧州連合(EU)の対応を強く批判する会話を盗聴され、動画サイト「ユーチューブ」に公開された。ヌーランド氏はEU側にすぐさま謝罪したとされるが、ドイツのメルケル首相から怒りの声が出るなど波紋を呼んでいる。

   ウクライナでは2013年11月にヤヌコビッチ大統領がEUとの自由貿易協定を締結せず、ロシア寄りの姿勢を鮮明にし、これに反発した国民の抗議デモが発生した。

デモを続ける野党指導者らについても言及

   EUとの結び付きを強め、経済成長が可能になるとの希望が国民にあっただけに、ロシア依存を深める現政権への不満が爆発、多数の死者が出る激しいデモが続いている。米国やEUなどが動き始めたが収束する見通しは立っていない。

   盗聴されたのは、こうしたウクライナ情勢についてヌーランド次官補らが電話で交わした会話で、14年2月4日に公開された。会話の中でヌーランド次官補は、国連の潘基文事務総長が、オランダのロバート・セリー元駐ウクライナ大使を国連特使としてウクライナへ派遣する意向があるとして評価し、「この混乱を国連が手堅くまとめてくれる」と述べて期待をにじませた。その一方、EUについては「くそったれ」とののしり、ウクライナに影響力を発揮できていないと強く批判した。さらにデモを続ける野党指導者らについても言及しており、元ボクシング世界王者のクリチコ氏を「政権に入るべきでない」とも指摘していた。

「ロシア政府がツイートで拡散させている」

   会話の流出を受け、米国務省のサキ報道官は会話が交わされたことは否定せず、ヌーランド次官補がEU側に謝罪したことを明らかにした。公開された音声にはヌーランド次官補らの写真が付けられるなど編集されており、ロシアのロゴジン副首相の側近が最初にツイッターで取り上げた。カーニー米大統領報道官は「ロシア政府がツイートで拡散させている」と不快感を示し、ロシア政府の何らかの関与への疑念をにじませた。

   米国内では、米国がウクライナ情勢に口出しできぬようロシア情報機関が盗聴に関与し、米国に外交的ダメージを与えようとしたとの観測が広がっている。

   ただ、誰が盗聴し公開したかはさておき、ののしられたEU側は激しく反発している。米国情報機関から携帯電話を盗聴されていたとされるドイツのメルケル首相は「絶対に受け入れられない」と強く非難。EU外交筋も「ウクライナ国民が今の危機を乗り越えられるようEUは支援している」と強調しており、米国への不信感が高まっている。

   一方、この報道を受け、日本国内でもサイト上で話題となっている。米国はメルケル首相だけでなく、世界中の政治家らをターゲットに盗聴活動をしていたとされるだけに、「自分トコが盗聴してるんだから、他国もやってるって思え」「自業自得」などと、お粗末さを指摘する声が相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中