レジェンド葛西、41歳「独身」にドキドキ ネットで「嫁」立候補が相次ぐ

印刷

   2014年2月15日に行われたソチ五輪ノルディックスキー・ジャンプの男子ラージヒルで「レジェンド」こと葛西紀明選手が銀メダルに輝いた。41歳でのメダルは、五輪スキージャンプ史上最年長記録だ。

   葛西選手はインタビューでたびたび「家族」について触れているが、本人は未だ独身だという。そのため、インターネット上ではソチ五輪での活躍に感動した女性たちがさっそく「嫁」に名乗りを上げている。

家族思いの葛西選手「メダルで恩返し」

帰国後、ラブコール送る女性が殺到?(画像は葛西選手公式ブログのスクリーンショット)
帰国後、ラブコール送る女性が殺到?(画像は葛西選手公式ブログのスクリーンショット)

   1992年のアルベールビル五輪に19歳で出場して以来、7大会連続で五輪に出場してきた葛西選手。前傾の独特な飛行フォームから、ジャンプの本場であるヨーロッパでは「カミカゼ・カサイ」と名付けられ、最近では、20年以上にわたる第一線での活躍を称えて「レジェンド」とも呼ばれるようになっていた。

   ワールドカップでは通算16回の優勝という好成績を残しているものの、五輪で獲得したメダルはリレハンメル五輪(94年)の団体で得た銀一つだけだ。「日の丸飛行隊」が金メダルを獲得した長野五輪(98年)では、直前のケガによりメンバーから外されるという悔しい思いもした。それでも葛西選手は厳しいトレーニングを重ねながら「金メダル」を目指し、41歳で迎えたソチ五輪で自身初となる個人戦メダルを獲得し、世界を驚かせた。

   まさに「生きる伝説」となった葛西選手だが、心の支えとなっていたのは愛する家族の存在だ。両親の離婚、妹の難病発症、火事に遭った最愛の母の他界と辛い事が続くも、姉や妹、父、母の残した言葉に応援されながらメダル獲得に向けて全力を注いできた。試合後の会見でも今後の五輪への意欲を語る一方で、母や妹の話も交えながら「恩返しができたんじゃないかと思っています」と家族への思いを口にしていた。

女性陣鼻息荒く?「マジで結婚してほしい」

   葛西選手の家族にまつわるエピソードはワイドショーや新聞でもクローズアップされているが、そうした中で、気になるのは選手自身の「家庭」だ。実は葛西選手は独身であり、公式ブログなどの情報によると、札幌市内のマンションで一人暮らししているという。すでに将来を考えているお相手がいるのかどうかは定かではないが、結婚自体は考えているようで13日には平昌五輪への意気込みを記者から問われると「その頃には僕も結婚して家族を増やして、みんなで応援してもらいたいね」と語ったと報じられている。

   インターネット上では女性たちの葛西選手評がうなぎのぼりだ。独身情報もあってか「マジで結婚してほしい」「結婚してください」「葛西選手ストライク過ぎる」「独身なのね。ちょっとドキドキ。いや別にどうもできませんけど…」「本気で葛西選手が愛おしくなってきた。。」などといった女性からのコメントが相次いでいる。また、「実生活でも結婚して、今まで大変だった分後半幸せな人生送ってほしい」「こういう人こそ幸せになるべき」といった今後の結婚生活を応援するメッセージも寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中