アラン・レネ監督、91歳で死去 映画「夜と霧」「二十四時間の情事」

印刷

   フランスの映画監督アラン・レネさんが2014年3月1日にパリで亡くなったと、AFP通信が報じた。91歳だった。アウシュビッツ収容所が題材の「夜と霧」や、反戦映画のロケに広島を訪れたフランス人女優と日本人男性の関係を描いた「二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール)」、ベネチア映画祭の金獅子賞を受賞した「去年マリエンバートで」などの作品で知られる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中