安倍首相、日朝局長級協議は「多くの方々が望んでいること」

印刷
記者会見に臨む安倍晋三首相
記者会見に臨む安倍晋三首相

   安倍晋三首相は2014年3月20日夜の会見で、同日行われた日本と北朝鮮の外務省課長による非公式協議で、局長級協議を行うことで合意したことについて、「速やかに具体的な調整を進め、できるだけ早い時期に協議を再開したい」と歓迎する姿勢を示した。この局長級協議については「多くの方々が望んでいること」とも述べた。

   その上で、安倍首相は、

「日朝間には解決をしなければならない諸懸案がある。その諸懸案の解決を図るため、米国、韓国を含む国際社会とも連携をしていきながら全力を尽くしていく決意」

と意欲を強調した。この「諸懸案」の内容をめぐって日朝間の交渉が紛糾することも少なくないが、今回の動きをきっかけに安倍首相が拉致問題解決に向けて本腰を入れる可能性もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中