米報道機関の収入が3割減 新聞広告の落ち込み顕著

印刷

   米調査機関ピュー・リサーチセンターは2014年4月3日、米報道機関の収入について「2006年以降、3割減少している」とウェブサイト上で発表した。2006年度は940~950億ドル(約9兆6820億円~9兆7850億円)だったが、2013年度には630~650億ドル(約6兆4890億円~6兆6950億円)にまで落ち込んだとしている。

   収入全体の広告が占める割合は、2006年の82%から現在は69%に減っている。特に新聞は2006年から12年の間に、広告収入が55%減少した。新聞業界ではこの間、正社員1万7000人分の職が失われたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中