テリー伊藤、小保方氏を連日バッシング 「博士転がしの才能」「自分大好き女」

印刷

   STAP細胞論文の「研究不正行為」を認定した理研調査委員会に小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が反論する中、演出家のテリー伊藤さん(64)が小保方さんに対する痛烈な批判を展開している。

   テリーさんは2014年4月4日のラジオ番組「テリー伊藤のフライデースクープ そこまで言うか!」(ニッポン放送)や6日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、小保方さんについて「博士転がしの特別な才能がある」などと発言。「ネイチャー」誌への論文掲載にも研究以外の要素が作用しているとの見方を示した。

「『センセ、センセ』ってくんくんやったら…」

テリー伊藤さん、小保方さんを「自分大好き女」呼ばわり(2008年6月撮影)
テリー伊藤さん、小保方さんを「自分大好き女」呼ばわり(2008年6月撮影)

   小保方さんが1日、理研の調査報告書について「改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません」とのコメントを発表したことについて、テリーさんはラジオで「まさかの反論でしたね。びっくりしましたよね、そういう(世間が心配するような)人ではなかったということで」と、小保方さんの対応に驚きをあらわにした。

   理化学研究所が論文取り下げの検討をしていると明かした3月半ばごろには、「素人がギャーギャーいうのはどうかと思うね。小保方晴子さん出てこいとか、なにか気持ちが悪い」などと小保方さんを擁護するような発言をしていたテリーさんだったが、理研の調査が進むにつれ認識が変わったようだ。

   ラジオでは小保方さんが改ざんや捏造をしていたとの見方を示し、反論文の内容を「全く世間に対して謝罪がないんですよ。いきなり最初から最後まで『私は間違っていない。どういうことよ。ちょっとミスしただけじゃない』って」と問題視。「自分大好き女だってことが、ここで分かりましたよね」と非難した。

   さらに小保方さんがユニットリーダーになった理由を「かわいいからです。実はそういうこともあるんですよ」と断言し、「彼女はオヤジ転がし、博士転がしの特別な才能がある」とも言い放った。「何十年も狭い研究所でやってるところに、いい匂いの小保方さんが先生の白衣持って「センセ、センセ」ってくんくんくんくんやったら『うん、何?何?全部教えちゃう!』というようなことに」と笑いを含ませトークを盛り上げた。ちなみに、テリーさんが指摘するような「情実人事」は3月19日発売の「週刊文春」が伝えていたが、どこまで真実なのかは分からない。

西川史子の反論にも根拠なき強気姿勢

   テリーさんは同様の主張を6日放送の「サンジャポ」でも繰り返した。「博士転がし」と口にすると、タレントで女医の西川史子さん(43)が「でもそれでネイチャーには採用されないですよ」と、あくまで英科学誌「ネイチャー」への論文掲載は小保方さんの論文内容が評価されたからだと反論した。すると、テリーさんは「それはまたポイントがあって、ネイチャーに推薦するのもそういう博士なんですよ」と返答。

   ネイチャー誌は経験豊富な科学者で構成する編集委員会を持っておらず、いかなる科学系学会や研究機関とも関係がない、独立した立場を表明している。ところが、テリーさんの見立ては異なるようで、ラジオでも「ネイチャー誌だって、ふつうはあんなとこ(簡単に審査を)通してくれません」「『どうですか、うちの若い子が言ってるんでちょっとどうですか』『先生の頼みじゃしょうがないな』っていうのがあるかも」などと推測で語っていた。

   テリーさんの連日の主張はインターネット上で物議を醸し、「井戸端会議並み」「無責任な予断と推測だけの自分大好き爺」「きちんと情報源を取ってから言わないと傷付く人がいるってことを忘れるな」などと批判的な意見が相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中