九條今日子さん死去 寺山修司の元妻

印刷

   寺山修司の元妻で、演劇・映画プロデューサーの九條今日子さん(本名・寺山映子)が2014年4月30日、肝硬変による食道静脈瘤破裂のため都内の自宅で死去した。78歳。共同代表取締役を務める株式会社テラヤマ・ワールドが発表した。

   松竹音楽舞踊学校を経て、松竹歌劇団(SKD)の女優として活動。1963年に寺山修司と結婚、70年の離婚後も含め、寺山が率いた「演劇実験室天井桟敷」の舞台や、「田園に死す」を初めとする寺山の監督映画でプロデュースを担当した。83年、寺山が亡くなったのちはその著作管理を行うとともに寺山に関する著述・公演活動を続け、三沢市寺山修司記念館名誉館長なども務めていた。著書に『ムッシュウ・寺山修司』『回想・寺山修司 百年たったら帰っておいで』など。

   通夜は5月4日17時~20時、告別式は5日10時から、ともに千日谷会堂(東京・新宿区)で行われる。なお、通夜が行われる4日は元夫・寺山の命日。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中