ソニー、パソコン事業売却を締結 新会社は「VAIO株式会社」

印刷

   ソニーと日本産業パートナーズは2014年5月2日、ソニーのパソコン「VAIO」事業を特別目的会社に譲渡する正式契約を結んだと発表した。7月1日をめどに取引を終える。ソニーのパソコン事業は終了するが、販売済み商品のサポートは続ける。

   特別目的会社の名称は「VAIO株式会社」で、取引完了時の出資比率は日本産業パートナーズが95%、ソニーが5%となる。本社はこれまでソニーのパソコン生産拠点だった長野テクノロジーサイト(長野・安曇野市)に置く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中