偽ふなっしー、著作権法違反に当たらず 警察が判断

印刷

   ふなっしーの偽物が現れた騒ぎで、兵庫県警の高砂署が2014年6月2日に著作権法違反ではないと判断したと神戸新聞が報じた。

   この騒ぎでは、加古川市の男性が、高砂市で1日開かれた「ご当地博」で、偽ふなっしーの着ぐるみ姿で会場に現れ、高砂署員が職務質問する事態になっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中