小中合同で郷土芸能発表会【岩手・大槌町から】(54)

印刷
色鮮やかな衣装が目を引く吉里吉里鹿子踊=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館
色鮮やかな衣装が目を引く吉里吉里鹿子踊
=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館

   郷土芸能が地域に根付いている大槌町で、吉里吉里(きりきり)中学校と吉里吉里小学校合同による郷土芸能発表会が7月9日に開かれました。来年度から完全導入される小中一貫教育の柱になる「ふるさと科」の授業の一環です。


   発表会は吉里吉里中学校体育館で開かれ、中学校の全校生徒に小学5、6年生が加わって演舞。PTAの父母や、近くの仮設住宅の住民合わせて約200人が鑑賞に訪れました。

   発表会は、郷土芸能を保存、継承しようという地元の思いと、取り組みを「ふるさと科」の実践例にしようという学校側の思いが重なって実現しました。今年で3回目。小中合同で演じるのは初めてです。


   児童、生徒たちは、事前に調べた郷土芸能の歴史を発表し、吉里吉里鹿子(しし)踊、吉里吉里大神楽、吉里吉里虎舞の順番で上演しました。勇壮、華麗な舞に、手拍子が起き、会場は舞台と一体となって盛り上がりました。

   舞が終わると、鑑賞していた吉里吉里小学校の1年生から4年生の児童たちが感想を発表しました。「踊りが上手。笛の音もきれい」「迫力があった。うまかった。すごかった」


会場と一体となって舞う吉里吉里大神楽=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館
会場と一体となって舞う吉里吉里大神楽
=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館
舞台狭しと虎が暴れる吉里吉里虎舞=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館
舞台狭しと虎が暴れる吉里吉里虎舞=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館

   吉里吉里中学校の生徒会長三浦蒼陽(そうや)君(15)は「小学生に教えることに不安があったが、絆が深まりました。力強く踊ることができました」と話しました。吉里吉里中学校の柳田正人校長は「地域と一体となって盛り上げることができました。小中一貫教育の足がかりになるでしょう」と語りました。


   児童、生徒たちは5月から、合同で稽古を重ねてきました。ふるさとの良さを発見する。郷土芸能の担い手になる。小中学校のつながりを強める。地元の人たちに元気を届ける。四つの目標を立てて、中学生が小学生に教え、地元の保存会の支援を得て、技を磨いてきました。


鑑賞に訪れた地元の人たちは拍手で盛り上げました=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館
鑑賞に訪れた地元の人たちは拍手で盛り上げました
=2014年7月9日、吉里吉里中学校体育館

   大槌町では、来年度、吉里吉里小と吉里吉里中、大槌小と大槌中が、それぞれ9年制の小中一貫校に再編されます。全国に例を見ない「ふるさと科」は、小中一貫教育の正式科目になり、郷土愛や生きる力を育むことをめざします。

(大槌町総合政策課・但木汎)


連載【岩手・大槌町から】
(53) << (54)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中