バカンティ氏、所属病院退任し1年間研究休暇へ

印刷

   STAP細胞論文の共著者で、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの米国留学時代の指導者だった米ハーバード大のチャールズ・バカンティ―教授が、所属する米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の麻酔科長を9月1日付で退任し、1年間のサバティカル(研究休暇)に入る意向であることが明らかになった。幹細胞研究に詳しい米カリフォルニア大デービス校のポール・ナウフラー准教授が、バカンティ氏が同僚に送ったとされるメールの内容を2014年8月11日にブログに掲載して明らかにした。

   ブログに掲載された文面では、サバティカルの理由を「未来の目標を熟考するため」と説明しており、STAP細胞については触れられていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中