タイムスリップ写真の会【福島・いわき発】

印刷

   タイムスリップ写真の会がゆうべ(8月29日)、平・一町目の坂本紙店2階で開かれた(=写真)。いわき芸術文化交流館アリオスが主催した。7月30日(アリオスで開催)に続いて2回目だという。知り合いのスタッフから連絡があり、夫婦で出かけた。


   いわき駅前再開発ビル「ラトブ」ができる前の、銀座通り・三田小路商店会のセールの写真などが紹介された。


news_p214846_1.JPG

   私は、大正~昭和時代、平・三町目1番地にあった西洋料理店「乃木バー」関連の写真を持参した。1枚は、『目で見るいわきの100年――写真が語る激動のふるさと』(郷土出版社、1996年刊)に掲載された「乃木バー」の外観写真の複写。そして、昭和3年創業のバス会社「芹沢自動車」から「乃木バー」に贈られた横断幕と、店で使われていたナイフやフォーク、鉄鍋などの写真を見てもらった。


   横断幕とナイフ・フォークなどは、内郷にある元経営者宅から出てきた。3・11からちょうど1カ月後の4月11日、強烈な余震に襲われ、庭に亀裂が走った。レンガ造りの蔵にもひびが入った。1年後、スペインから里帰り中の知人(元経営者の孫)の連絡を受け、3日ほどダンシャリの手伝いに通った。横断幕は、今は暮らしの伝承郷に保管されている。


   四倉町商店会連合会・四倉町商工会による「四倉の歴史デジタル映像化事業(四倉アーカイブズ)」も紹介された。編集作業に携わった知人が経緯を解説した。


   それによると、昨年7月、同商工会倉庫から段ボール箱に入った8ミリフィルムなどが発見された。昭和30年代の四倉のイベント、街並みなどを記録したもので、それらを地元に住む知人が調査を兼ねてデジタル化した。写真の会では、プロモーション映像が流された。水産業の町の、往時のにぎわいが伝わってきた。


   3・11前から、身近な通りや街の景観は変わりつつあった。3・11後は、それに拍車がかかっている。昔を今に、今を未来に残すアーカイブズ事業がますます重要になっている。知人たちの取り組みを知る、いい一夜になった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中