「原子力持たない選択は難しい」小渕経産相  NHK番組で

印刷

   小渕優子経済産業相は、原子力発電所の稼働停止で火力発電に頼る現在のエネルギー供給に関して、「資源の乏しい日本はエネルギーについて良いバランスをとっていくことが大事。原子力を持たない選択をするということはなかなか難しい判断ではないか」との認識を示した。2014年9月21日のNHKの番組で語り、原子力規制委員会の安全審査に合格した原子力発電所を再稼働させていく政府の方針を改めて強調した。

   小渕氏は、燃料の輸入増が電気料金の上昇を招いていることなどを指摘。「原発がなくても、われわれの生活は回っているじゃないかという話をいただくが、古くなった火力発電所をフルに使ってエネルギーをつくり出している。決して安心できる状況ではない」と話した。電気料金の高騰が、中小企業などの経営を圧迫している現状にも懸念を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中