「iPhone6」は曲がりやすいのか ポケットに入れて持ち運ぶと危ない? 

印刷

   新発売されたスマートフォン「iPhone6」と「iPhone 6 Plus」に力を加えると曲がってしまう。こんな写真がアメリカ国内で次々にアップされた。ポケットに入れて持ち運ぶと危ない、といった呼びかけも出ている。

   中には曲がるかどうかの実験を行い両手に力を込めて曲げる映像をユーチューブにアップする人も出てきた。その動画は2014年9月24日現在で100万閲覧を超えた。本当に「iPhone6」は曲がりやすいのか。

曲げる検証動画は閲覧件数100万を超えた

意外にも容易く曲がったiPhone 6 Plus(画像はLewis氏のYouTube動画「Unbox Therapy」より)
意外にも容易く曲がったiPhone 6 Plus(画像はLewis氏のYouTube動画「Unbox Therapy」より)

   アメリカでは、ズボンのポケットに「iPhone6」を入れ、取り出したところ曲がっていたと証言する人がいる。別の人はズボン左の前ポケットの中に「iPhone 6 Plus」を入れ、車の運転やダンスレッスンをし、18時間後に取り出したところ曲がっていた、として写真をアップした。2014年9月23日にはユーチューブに「iPhone 6 Plus Bend Test」という動画がアップされた。アップしたのはユーチューブに独自のチャンネルを持っているLewis氏で、「iPhone 6 Plus」が手で曲げられるかどうかの実験を行った。両端を持ち、真っ二つに折るような感じで力を入れたところ、縦四分の一くらいの位置にあるボリュームボタンの部分から少し曲がった。この動画は100万以上閲覧されている。コメント欄には、

「iPhone6には失望してしまった。アップルは強度のテストを怠った」

という書き込みや、

「わざわざiPhone6を貶めることをする意味が分からない」

などといったことが書き込まれている。

   実は、曲がるという苦情は「iPhone5」の頃からアメリカや中国などであった。本体がガラスプレートからアルミボディに変わったためズボンの後ろポケットに入れて椅子に座るなどすれば曲がってしまう、というものだ。

「アルミのボディーは曲がります」と専門ライター

とはいっても、「iPhone」以外の他社の機種に関しても曲がってしまったという報告があり、「iPhone」だけの現象ではないのではと見る人もいる。KDDIやdocomoといった日本のキャリアの広報に問い合わせてみたところ、これまで「iPhone5」と「iPhone6」に関しては曲がってしまったという苦情は聞いたことがないということだった。

   IT事情に詳しいフリーライターの福田和宏さんは、

「アルミのボディーは曲がります。おそらく基盤と基盤の隙間が凹んでそうなるのでしょう。世の中には携帯を粗く扱う人もいますので、iPhone6のボディーに何か欠陥のようなものがあるかについては、これからの推移を見守るしかないと思います」

と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中