神戸女児事件、接点は「猫」の報道 ネットで「猫好き=犯罪者みたいのやめて」の声

印刷

   行方不明になっていた神戸市長田区の生田美玲さん(6)が遺体で発見された事件で、容疑者の男(47)がアパートで飼っている猫が美玲さんの接点である可能性が浮上した。

   男は猫好きであるいう報道に対して、ネットでは、猫好きと犯罪者を結びつけないでほしいと不満の声が出ている。

「猫好きが偏見に晒されそう...」

猫を介して女児と接触か(画像は本文と関係ありません)
猫を介して女児と接触か(画像は本文と関係ありません)

   2014年9月25日放送のテレビ朝日系「モーニングバード!」で、容疑者の男が住むアパートの住民が取材に答えていた。美玲さんと母親は13年にこのアパートを訪れ、住民から猫をもらいうけたが、「家で猫が暴れる」と1時間後には返却したという。美玲さんは猫を飼うことはできなかったが、その代わりに猫に会うためにアパートまで度々通っていたという。

   リポーターは

「一階の方をよく訪ねては猫を抱かせてもらって楽しんでいた。ところが美玲ちゃんが夜7時とか8時とか遅い時間にも来るようになったので、また猫も大きくなったので『もうそろそろ駄目だよ』という話をして断ったんだそうです」

と説明した。

   同じ住民に、13年夏に猫をもらって飼い始めた容疑者の部屋を訪れていた可能性もあるそうだ。

   こうした報道に対して猫好きのネットユーザーらが敏感に反応し、ツイッターに以下のような書き込みがされている。

「女児殺害事件のせいで猫好きが偏見に晒されそう...」
「オタクじゃなくて今度は猫好き男を印象づけようとしてる気が」
「猫好き=犯罪者みたいのやめてほしいな。個人やプライベートでならまだしも国民がみているニュースでそういうのはやめていただきたい」

   容姿者の氏名や年齢と一致するGREEのアカウントには、自身のアバターの隣にいるペットのキャラクターを「ネコ紳士」と名付けていて、プロフィールには「だれか友達になって下さい」というメッセージが書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中