拉致被害者の救済訴える「空と海の向こう」 無名歌手がオリコントップ10入り 

印刷

   大阪を拠点にLIVE活動などを展開するシンガーソングライター、山口采希(あやき)さん(23)が、話題になっている。

   無名ともいえる山口さんの、発売されたばかりの新曲「空と海の向こう」がいきなりオリコンデイリーシングルランキング(2014年9月23日付)で7位を獲得したからだ。

「シンプルで純粋な気持ちを歌に、と思いました」

「会いたいよ、今」... 拉致被害者の救出を願い切々と歌う(画像は、「山口采希 FanPage」フェイスブック)
「会いたいよ、今」... 拉致被害者の救出を願い切々と歌う(画像は、「山口采希 FanPage」フェイスブック)

   「空と海の向こう」は、山口采希さんの4枚目のシングルとして2014年9月24日に発売。瞬く間にトップ10入りを果たした。1月以降、LIVEなどで歌ってきたが、3月に秋のニューシングルとして発売することが決まり、準備をはじめていた。

   この曲は、山口さんが北朝鮮の拉致被害者の救出を願って作詞作曲した。「待ってて迎えに行くよ」「会いたいよ、今」と、拉致被害者とその家族の想いを切々と歌う。

   曲をつくったときの気持ちを、山口さんは「拉致被害者のご家族の方々や支援されておられる方々の想いを知れば知るほど、私自身も何か出来る限りのことをしなければならないと思いました。長く解決できずにきた問題ですから、解決に向けてはとっても複雑で難しい問題がたくさんあると思います。だからこそ、そんな時こそ、シンプルで純粋な気持ちを歌に、と思いました」と話し、拉致被害者やその家族の純粋な想いや願いと、解決に向けてのさまざまな想いが「音楽にのって広がることができれば、との想いでつくりました」と振り返る。

   所属事務所のフィズミュージックも、「音楽を通して少しでも世論の後押しになったらとの思いです。政治的にみられがちですが、率直な思いを楽曲に込めただけ」と話している。

   「空と海の向こう」は、6月にYouTubeにデモ音源が公開されたが、オリコンランキングでトップ10入りしたことで、じわりと再生回数を増やしている。

   インターネットには、

「40年...... 一刻も早い救出を願うだけです」
「本当に切ない曲。拉致の問題が少しでも知らない人にも感心を持って頂き、みんなで必ず全員取り戻す、みんなで迎えに行く、ということを願ってます」
「素敵な歌です...。皆で拡散しましょう!全員取り戻すまで」
「拉致被害者やご家族の事を想うだけで心が引き裂かれそうです。いっしょに頑張りたい。そう思わせてくれる曲ですね」
「応援のためにも購入だな! 忘れてはならないもんな」

といった声がつづられている。

   山口さんが歌う「空と海の向こう」のレーベル収益は、拉致問題を支援する組織・団体に寄付されるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中