再生エネルギーの新規契約の中断、電力5社に拡大 10月から

印刷

   北海道電力、東北電力、四国電力の3社は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づく太陽光発電などの電力の新規受け入れを、2014年10月1日から当面中断する。3社は9月30日に開かれた経済産業省・新エネルギー小委員会で明らかにした。

   すでに沖縄電力は8月上旬から、九州電力は9月25日から中断しており、これで再生エネルギーの受け入れを中断した電力会社は5社になった。ただ、沖縄電力を除き、一般家庭からの電力買い取りは従来どおり継続する。

   中断の理由については、いずれの電力会社も、計画中の太陽光発電事業をすべて受け入れると管内の電力需要を上回り、電力供給が不安定になることで停電などのトラブルを引き起こす可能性があるため、としている。

   経済産業省も対策に乗り出している。

   小委員会の審議では、14年6月までにFIT制度の認定を受けた再生可能エネルギー事業がすべて運転開始した場合、電気料金に上乗せされている再生エネルギー電力の買い取り費用が年間2兆7018億円に達し、平均的な世帯の負担額が現状の月額225円から935円に増加するとの試算も明らかになった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中