御嶽山噴火事故、なぜか木曽町に批判 「なぜ観光地として売り出した」「どう責任とるのか」

印刷

   戦後最悪の死者51人、行方不明13人もの被害を出した御嶽山の噴火は、多くの人が観光業で暮らしを支えている長野県木曽町や王滝村などに深刻な事態をもたらしている。

   それにもかかわらず、木曽町観光協会などには責任を問う批判が寄せられており、インターネットでは「ひどすぎる」と、顰蹙を買っている。

文化と歴史を伝える名所旧跡の宝庫

御嶽山噴火で、観光業は大ピンチに...(画像は、木曽町観光協会のホームページ)
御嶽山噴火で、観光業は大ピンチに...(画像は、木曽町観光協会のホームページ)

   長野県木曽町は、江戸時代には天下の4大関所のひとつ「福島関所」が設けられ、中山道の交通の要として栄えた。いまもJR線の駅名に「木曽福島」の名前が残る。

   木曽義仲ゆかりの地で文化と歴史を伝える名所旧跡が豊富なことで知られるが、加えて、アウトドアスポーツやキャンプの拠点、また別荘地としてにぎわう「木曽駒高原」、希少な在来種「木曽馬」のふるさとで、御嶽山を見晴らす標高1000~1200mの「開田高原」、御嶽山に通じる登山道の中間に位置する「三岳」は、長閑な山あいの集落と山岳信仰の歴史がマッチしたエリアとして人気で、多くの観光客を集める。

   こうした観光名所が、御嶽山の噴火で大打撃を受けている。木曽町観光協会が噴火直後の2014年9月30日にまとめた「噴火による影響の度合いなどに関するアンケート調査」(31業者が回答)によると、キャンセルによる利用客の減少など現在の影響について、68%が「大影響」、26%が「影響あり」と答え、「影響が出ている」とした業者は約9割にのぼった。また、今秋(11月末まで)の見通しも39%が「死活問題」、57%が「大影響」と答えた。

   すでに、御嶽山の噴火口から10キロメートル以上離れた距離にある開田高原では、温泉施設などが平常どおり営業しているにもかかわらず、「開田高原が封鎖された」などの問い合わせがあり、観光客が激減。また10月4日、5日には、地元で毎年約1万3000人が訪れる人気のイベント「木曽駒高原きのこまつり」と「開田高原そば祭り」が中止された。

   多くの犠牲者や行方不明者のことを考えると、なかなかPRに踏み切れない事情はあるが、「町全体が火山灰に覆われていると思い込んでいる人が多い」といい、風評被害による影響がないわけではない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中