ユニクロ売上高、1兆3829億円 過去最高を更新

印刷

   カジュアル衣料の「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの2014年8月期連結決算(国際会計基準)は、海外事業の拡大を背景に売上高が前期比21.0%増の1兆3829億円と、過去最高を更新。11年連続の増収となった。2014年10月9日に発表した。ただ、営業利益は前年同期比2.8%減の1304億円、純利益が28.7%減の745億円と、増収減益となった。

   2012年に買収した米Jブランド社のジーンズ販売が振るわず、営業権など資産の価値を見直し、193億円の減損を計上した。

   国内のユニクロ事業は、「ヒートテック」や「エアリズム」などの機能性肌着が好調で、売上高は4.7%増の7156億円、営業利益は11.6%増の1063億円だった。

   柳井正会長兼社長は記者会見で、「国内のユニクロ事業は安定成長を維持し、海外は成長を加速させる。世界ナンバーワンブランドを目指す」と改めて強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中