「在特会」会員ら5人を傷害容疑で逮捕 対立団体に暴行

印刷

   警視庁は2014年10月25日、市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のメンバーで職業不詳の伊藤広美容疑者(54)ら男5人を傷害容疑で逮捕し、東京都千代田区にある在特会の事務所などを家宅捜索した。各紙が報じた。

   報道によると伊藤容疑者らは今年8月15日21時ごろ、東京都千代田区飯田橋の路上で、在特会と対立する「憂国我道会」のメンバー2人の顔を殴ったり、首を絞めたりして重軽傷を負わせた疑いがある。この日、現場近くの飲食店では在特会メンバーらの懇親会が開かれていて、店を出た際に対立グループのメンバーと偶然鉢合わせ、トラブルになったという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中