サムスン7~9月期決算、営業利益6割減 スマホ不振で

印刷

   韓国サムスン電子が2014年10月30日に発表した7~9月期決算で、営業利益が4兆600ウォン(約4200億円)と、前年同期比で60%減となった。売上高も同19.7%減と不振だった。

   主力のスマートフォンを柱とするIT・モバイル部門の営業利益が、同74%減と大幅な落ち込み。中国の低価格メーカーとの競争が激化し、苦戦を強いられたのが原因とみられる。一方、半導体部門は同9.7%増の2兆2600ウォンと健闘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中