知らない外人が「ワンオク」をパクッた!? スティービー・ワンダーを聞いたことない若者たち

印刷

   今の若者はかつての海外の大物ミュージシャンを知らないらしい。先ごろ、世界的ロックバンド「U2」って誰という話が出たが、今度はStevie Wonder (スティービー・ワンダー)さんを巡りちょっとした騒動になっている。

   キリンビバレッジが缶コーヒー「FIRE」の新CMを放送したところ、使われている曲が日本の人気ロックバンド「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)のパクリではないのか、などと言い出す人が現れたからだ。しかも「知らない外人が歌っている」というのだ。

「いま、CMであれ、なんか聞いたことあるなと思った」

若者は知らない大御所(画像はユニバーサルミュージックジャパンのホームページより)
若者は知らない大御所(画像はユニバーサルミュージックジャパンのホームページより)

   「U2」に関しては、米アップル社が2014年9月に音楽配信サービス「iTunes」を通じて最新アルバムを「iPhone」ユーザーなどに無料配布したところ、「U2って誰だよ」「知らないやつを勝手に人の携帯に入れるな!」などと騒ぎになった。

   今回はキリンが「FIRE」リニューアルに合わせ14年10月上旬から流した新CMが舞台になってしまった。歌声は紛れもなくあの大スターのワンダーさんなのだが、ツイッターなどでこんな書き込みが出た。

「いま、CMであれ、なんか聞いたことあるなと思ったら、ワンオク(ONE OK ROCK)のTo Feel The Fireやった」
「まじでワンオクのTo Feel The FireがコーヒーのCMで使われている」 「なぜ知らない外人が歌っているの?」
「スティービー・ワンダーはワンオクのパクリらしい」

などという「珍説」も出た。

   ワンオクは07年にメジャーデビューした今や若者に絶大な人気を誇るバンドで、海外でも注目され、代表曲「The Beginning」はユーチューブでの視聴数が2700万回を超えた。確かにワンオクは11年2月発売のシングル「アンサイズニア」にこの「To Feel The Fire」をタイトル曲以外のカップリング曲としていて、MV(ミュージックビデオ)も存在する。若いファンにとって「To Feel The Fire」といえばワンオクとなるようなのだが、これはキリンビバレッジが「FIRE」のCM用にワンダーさんに制作を依頼した曲で、99年にCD発売もして大ヒットとなった。カバーをしたのはワンオクなのだ。

歌声は当時のままでアレンジを現代風にしている

   ひょんなことで注目を集めることになってしまったワンダーさんの「To Feel The Fire」だが、どうして99年に発表されたこの曲が14年10月からの新CMで再び使われることになったのか。キリンビバレッジのマーケティング部に話を聞いてみたところ、「To Feel The Fire」は今から15年前に「FIRE」のCM用としてワンダーさんに直接依頼をして出来上がったもの。それから数年間「FIRE」のイメージソングとして使っていた。10年以上ぶりに再登場させた理由は「FIRE」の原点に戻り飛躍を目指そうということらしい。入れたてのドリップコーヒーの品質、味にこだわってきたが、今回のリニューアルでは画期的な新製法を採用、さらに先を目指そうという気持ちも込めている。ワンダーさんの歌声は当時のままだが、アレンジを現代風にした2014年バージョンを流しているという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中