ふなっしーが「引退報道」を否定 「デマには気をつけてなっしー♪」

印刷

   千葉県船橋市の非公認ゆるキャラ「ふなっしー」が引退し弟の「ふなごろー」のマネジメントに徹する、などといった報道があったが、「ふなっしー」は2014年11月5日夜にツイッターで引退を否定した。

   引退を報じたのは14年11月6日付けの「東京スポーツ」。「ふなっしー」は腰痛に悩まされ、しかも体力の限界が来ているにもかかわらず出演依頼が殺到している。他のゆるキャラのように中の人の代役がいないため、倒れでもしたら主催者に甚大な迷惑がかかるため、引退を考えることになった、という内容だ。この記事に対しツイッターでファンから

「東スポ読んだけど、毎度の事ふなっしーに取材もなく書いてるんだよね?」

と質問され、

「そのとーりなっしー♪いつも思うんだけど結構信じちゃう人がいるのがびっくりなっしなー♪みんなもデマには気をつけてなっしー♪」

などと引退を否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中