人気ゲームの女性キャラがバグで「顔面崩壊」 目玉が飛び出て「まるでホラー」と炎上

印刷

   10年以上続く人気アクションゲームシリーズから出た新作で、プレイ中に突然女性キャラクターの顔面が崩壊して、原形をとどめないほどになるバグが見つかった。発見者がツイッターでゲーム画面のキャプチャ画像を投稿すると、ネットで「久しぶりに思っくそ吹いた」「下手なホラーよりこわい」などと拡散している。

   これを受けてか、シリーズのプロデューサーが公式SNSのアカウントで謝罪し、アップデートの予告をおこなった。

結婚イベント中に顔がぐちゃぐちゃに

   問題になっているゲームのタイトルはコーエーテクモゲームスから2014年11月20日に発売された「真・三國無双7 Empires」。プレイステーション3・4、Xbox One向けに提供している。「真・三國無双」シリーズは、中国の歴史書「三国志」と物語「三国志演義」を題材にしたゲームで、有名武将を操作して大量の敵を倒す3Dアクションだ。

   今回発売されたバージョンはそれに「自分だけの三国志」が作れるシミュレーション要素を加えたのが売り。プレイヤーが顔の輪郭や髪型などを設定してオリジナルのキャラクターを生み出したり、結婚させて子どもをつくったりできる。ところが、そこで悲劇が起こった。キャラクター同士が結婚するイベントの最中に、女性キャラの顔がぐちゃぐちゃになるという報告がツイッターでされたのだ。

   投稿された画像を見ると女性キャラは、「このあたくしに一生尽くしてくださっていいのよ?」とセリフを言い、アップで画面に収まっている。だが、眼球は完全に飛び出し、鼻はおかしな位置に移動、頬から顎にかけては上下に押しつぶされて前面にせり出している。あまりにも人間からかけ離れた容貌にネットでは、「寄生獣と化してるw」「ピクミンのチャッピー」「スターウォーズに出てきたジャージャー」などと形容する感想が出た。

   特定の条件を満たすと発生するバグらしく、「ほんまになりました...夢に出るわ...」「喋ったらいきなり顔がグシャッて......グシャッってなったよおおおお!!!」と同様の報告が複数あった。YouTubeにバグ発生の瞬間を記録した動画も投稿された。

作曲家「俺のこの1年は一体なんだったのか」

   あまりのひどさに作中音楽の作曲担当者も落胆したのか、「俺のこの1年は一体なんだったのか」とツイートした。

   「顔面崩壊」バグ以外にも、プレイ中にフリーズしたりセーブデータが破損したりといったことに対する批判もあり、プロデューサーが11月28日、

「不具合でご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。只今、修正対応を行っており、タイトルアップデートを来週配信できるように準備中です」

と公式ツイッターとフェイスブックで謝罪とともに告知。アップデートの詳細は公式サイトに掲載されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中