維新・橋下氏「最高顧問は死んでも嫌だ」

印刷

   維新の党の橋下徹氏は2014年12月24日、共同代表辞任後に就任した「最高顧問」ポストについて、「了承した覚えがない。一番嫌な肩書。死んでも嫌だ」と難色を示した。

   人事は23日の党執行役員会で決定していたが、橋下氏は途中退席したため、決定の場にいなかった。江田憲司代表は「手続き的には有効」としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中