マレーシアの旅客機が行方不明に 162人搭乗

印刷

   インドネシアからシンガポールに向かっていたマレーシアの格安航空会社「エアアジア」の8501便が2014年12月28日6時17分(日本時間8時17分)に連絡が途絶え、行方不明になった。

   報道によると、8501便はエアバスA320-200型。乗客155人、乗員7人の計162人が搭乗していた。国籍はインドネシアが155人、韓国が3人、シンガポール、マレーシア、フランス、英国が各1人で日本人は確認されていないという。消息を絶つ直前、操縦士は悪天候のため高度を上げたいと要請していたという。CNNなどによれば、インドネシアの海上では29日午前に捜索が再開された。

   14年にはマレーシアの航空機を巡る事故が相次いだ。3月にはクアラルンプール発北京行のマレーシア航空機が消息を絶った。7月にはアムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア航空機がウクライナ上空でミサイルで撃墜されたが、いずれも真相は不明のままだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中