双葉町の原発PR看板、標語考案者が区に保存要望 「負の遺産として」

印刷

   東京電力福島第1原発が立地している福島県双葉町に設置されている「原子力明るい未来のエネルギー」という標語が書かれた看板をめぐり、標語を考案した茨城県古河市在住の男性(39)が2015年3月16日、同町長と町議会議員に保存を求める要望書を提出した。

   看板は町の中心街の入り口に掲げられていたが、原発事故で町への立ち入りができず管理ができない状態が続いていた。老朽化が激しくなったことから町は撤去の方針を決め、新年度予算案に関連費用410万円を盛り込んでいた。

   男性は、看板を「負の遺産として残すべき」などと訴えている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中