「イスラム国」真似して殺人練習? 「中学生がヤギ襲撃」の衝撃

印刷

   東京都立川市立中学3年の男子生徒(14)が市内の小学校に侵入して、飼育されていたヤギを虐待していたと報じられた。真相は分からないが、「人を殺す練習がしたかった」という。

   飼育小屋でヤギが騒ぎ出したのが、発覚のきっかけだった。各種報道によると、小学校の近くを自転車でパトロール中の警察官が2015年2月15日午前1時ごろにそれに気づき、現場に急行した。

  • ヤギに傷はなかった・・・(画像はイメージ)
    ヤギに傷はなかった・・・(画像はイメージ)

「人を殺す練習がしたかった」などと供述

   すると、小屋の中に男子生徒がおり、逃げたものの、警察官に取り押さえられた。生徒が持っていたリュックサックには、バールや折りたたみ式ののこぎりが入っており、生徒は、建造物侵入の疑いで逮捕された。

   生徒は、小学校の正門を乗り越えて侵入し、小屋の中で、バールなどを使ってヤギを小突くなどしていたという。ヤギに傷などはなかった。警視庁立川署の調べに対し、生徒は、「『イスラム国』に影響を受け、人を殺す練習がしたかった」などと供述した。「いきなりやるのは自信がなかった」といい、練習でヤギを殺そうと思ったというのだ。

   生徒の自宅から押収されたパソコンからは、過激派組織「イスラム国」の人質処刑動画を多数閲覧した履歴が残っていた。生徒はその後、東京家裁立川支部に送致されている。

   生徒が侵入した立川市立小学校の副校長は、取材に対し、「警察から詳しいことは知らされておらず、イスラム国の影響と報道があったのにびっくりしました」と話した。飼育小屋にはカギがかけられていたが、生徒は、小屋の柵を乗り越えて入ったらしいという。防犯カメラは作動していたが、周囲が暗かったために生徒の姿は映っていなかったとしている。

「子供の人権もあり、お答えは差し控える」

   動物虐待については、殺人へと発展する予兆ともされており、1997年にあった神戸連続児童殺傷事件もそうだった。

   「酒鬼薔薇聖斗」を名乗り当時14歳の男子中学生だった犯人は、裁判での精神鑑定で、2つの精神障害の合併症だとされた。動物などに攻撃的になる「行為障害」とそこから性的な興奮を得る「性的サディズム」だ。

   最近では、長崎県佐世保市の女子高生殺害事件で、加害者の女子生徒は、「ネコを解剖したことがあり、人間でもやってみたかった」と供述したといい、動物虐待がエスカレートしたとみられている。その背景には、神戸の事件では祖母を、佐世保の事件では母親を早く亡くしたことへの喪失感があったともされている。

   今回の「ヤギ虐待」では、男子生徒は、不登校だったと報じられているが、どんな生育環境があったのだろうか。

   立川市教委の指導課では、取材に対し、「子供の人権もあり、影響を考えてお答えするのは差し控えさせて下さい」と話した。ここ数年では、学校の動物に危害を加えようとしたという報告は今回以外には聞いていないという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中