東京五輪専門委に海老蔵、EXILE・HIRO ネットはガッカリ「なぜこの顔ぶれに」

印刷

   2020年の東京五輪に向けて、組織委員会に助言を行う「文化・教育委員会」が新設された。メンバーには歌舞伎俳優の市川海老蔵さん、人気グループ「EXILE」のHIROさんらが選ばれた。

   各界を代表する顔をそろえたようだが、インターネット上ではなぜか「ガッカリ」した空気が流れている。

  • 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(左)と日本オリンピック委員会・竹田恆和会長
    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(左)と日本オリンピック委員会・竹田恆和会長

「残念ですがこれが日本のレベルです」

   東京五輪の準備、運営の中心となる「東京五輪・パラリンピック組織委員会」(会長・森喜朗元首相)は2015年3月30日、理事会を開催し、専門委員会として「文化・教育委員会」の設置を決めた。その趣旨について、事務総長を務める武藤敏郎氏は、「文化については伝統芸能をはじめとして新しい文化、食文化等、また教育については小中学校から高等教育、障がい者教育といった分野で活躍する方々に参加いただきます」と説明。委員長に東京芸術大学の宮田亮平学長を、また委員には海老蔵さん、HIROさんのほか、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんも名を連ねている。

   海老蔵さんは3月30日付のブログで、「大役を仰せつかりました」と委員就任を報告。東京五輪に向けて「文化を通して私に出来ることを精一杯努めさせていただきます」(原文ママ)と意気込みをつづった。

   海老蔵さんは歌舞伎界を代表する役者のひとり、コシノさんも世界的デザイナーとして知られる。またHIROさんは、自身が率いるEXILEの一員として2009年、天皇陛下即位20年の祝賀行事で「奉祝歌」を歌った。「国民的ダンスボーカルグループ」としての実績が認められての選任かもしれない。伝統と最先端それぞれの文化を取り入れたいとの思いが、組織委にはあるようだ。

   このニュースが報じられると、ネット掲示板などではメンバーの顔触れが話題になった。ただ書き込みは、必ずしも好意的とは言えない。「選考基準がさっぱり分からん」「残念ですがこれが日本のレベルです」と不満の声が並ぶ。伝統芸能は分かるが、ポップカルチャーは「海外のエンタメと比べると見劣りするのわかりきってる」と厳しい。海外で注目されているミュージシャンなら、EXILEではなく3人組のメタルアイドルユニット「ベビーメタル」を推す声もある。

ポール・マッカートニーやロシアバレエに対抗できるのか

   今回の人選に首をかしげるのは、どうやら東京五輪の開会式を想像して心配になっているらしい。例えば2012年のロンドン五輪開会式では、「007」のジェームズ・ボンドが登場し、さらにポール・マッカートニーがビートルズの代表曲「ヘイ・ジュード」を歌って会場をわかせた。14年のソチ冬季五輪でも、ロシアが誇る世界トップのバレエのパフォーマンスが見られた。東京五輪でこうした演出に対抗できるのか、不安と言いたいようだ。2008年の北京五輪の開会式では、9歳の少女が堂々と歌を披露したが実際は「口パク」だったとして、失笑を買った例もある。

   1998年の長野冬季五輪では、地元の有名な祭り「御柱」を立てるセレモニーや大相撲の力士の土俵入りが披露され、聖火を点火した元フィギュアスケーター・伊藤みどりさんは神話に登場するようなイメージの衣装を身に着けた。全般的に、日本の伝統にかなりこだわった内容だった。

   海老蔵さんやHIROさんの「文化・教育委員会」が東京五輪開会式での演出に実際に関与するかどうかは、一切発表されていない。そもそも、開会式の総合プロデューサーを誰が務めるかも決まっていない。ただ委員には、伝統文化や新しい文化について「専門的な見地」での意見を期待されているだけに、演出上で何かしらの助言を与えることは考えられる。依頼されれば自ら開会式でパフォーマンスという可能性も、ゼロではないだろう。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中